気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

大沢ケイミ 紗栄子批判はまずい。旦那の顔を出さないのは社長なので当たり前。

      2016/08/28

スポンサードリンク

大沢ケイミが紗栄子の裏の顔を見たとか発言してるけどこの人は誰かに言わされてるんだろうか。
セレブ妻というイメージで話題つくりをしているようにしか思えない。

大沢ケイミは日本と中国のハーフでモデル。
子供のころは貧乏で母親がセレブになるための教育を施したらしい。
おかげでテレビでの活躍は目覚しいが もちろん批判の目にさらされる。

自分を主張しすぎるあたりは日本人の新人の感覚では考えられないし、
芸能界で生きていくには後のことは考えていない発言をするので
キャラを設定されてそれに従っているだけなのかもしれない。

おかしいなと思うのが何につけても値段を必ず言ってしまうこと。
そんなに値段を覚えていられるものだろうか。
お気に入りのものに関してはそうかもしれないが 
普通の会話に”これはいくらで”とかいつも言われると友達を失くしそう。

もともとのセレブの人あまり値段の話をしないような気がする。
持ち物に対してもそうだし家や車に関してもやんわりと言葉を濁していると思う。
お金持ちの人同士の買値というものがありセレブの中のつながりの中の買い物は
ビジネスと絡んではっきりとした値段が言えないのかも知れないし、
そんなことは公にするものではないという感じがする。

国民性もあるのかもしれないし、まだ20歳そこそこなので無邪気なのかもしれない。
私達主婦が気になるのは 一緒にいる女性に対して優しくないなと思う。

テレビだからいろいろな人が集めて番組を盛り上げるので
お金持ちの話もあれば貧乏の話も笑えるのに
貯金大好き妻で 少しにぎやか過ぎる鈴木奈々が
「安いものがおいしくて夫婦揃って好き。高くておいしいものはあまりない」
という笑える発言に
「高いものを食べたことがないのでは?」と返すし、
ご主人の仕事がうまく行かなくて離婚に発展したタレントに関して
「ああはなりたくない」など ちょっとヒドイ。

スポンサードリンク

大沢ケイミの哲学は貧乏な人と結婚してはダメということ。
将来や子供のことを考えると経済力が一番大事なので
子供には、経済力のある相手を選べる女性になってほしいらしい。

そんな彼女が認める女性は 生まれも育ちもセレブな神田うの。
自分が幼少の頃貧しい生活をして 母親の教育のおかげで
セレブな妻になれたことで母には感謝しているが
やはり生まれつきセレブな神田うのは憧れの存在。

大沢に対して 神田うのは「男性に頼るのではなく、経済力のある女性に育ててあげれば?
夫の経済力に頼るのは他力本願」と不快感を表した。
彼女は確かに自分の才能で勝負して一流のビジネスウーマンだし
頭の良さは芸能人の中でもぴか一。
旦那の力だけではなく自分で培ったものがあるからこういう人は相容れないのだと思う。

無邪気で楽しいのだか やはり紗栄子に絡んだのはよくないと思う。
女性だから裏もあり厳しい芸能界を生き抜くのだから
女性に見せる顔と男性に見せる顔が少しは違っても当たり前だと思う。
一緒だとそれこそ気持ち悪い。

仕組まれたキャラなのかもしれないけど なぜかこの人の発言には
可愛らしくもあり、馬鹿だなとも思え ちょっと楽しい。
疲れているときなんかは 「お金は一番大切」と言い切る大沢ケイミがエライゾと思ってしまう。

旦那の顔写真を出さないのは当たり前。
芸能人ではないし、ビジネスをしていたらいろんなところに迷惑がかかるから。
そこは常識があると思います。批判するのはおかしいと思う。

スポンサードリンク

 - 未分類