気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

滝沢カレンの日本語は不思議で笑える。ハーフだけど日本育ちなのに。

      2016/08/28

スポンサードリンク

滝沢カレンがテレビに出ているとおなかを抱えて笑ってしまう。
可愛いのは認めるしスタイルもいい。
どんな素敵な話をするのかと思ったら本人は一生懸命なのでしょうが 
言葉使いが日本語を覚え始めの外国人のように不自然。

わざとではないかという人もいるがわざとではないと思う。
なぜならこんな経験があるから。
昔北京に行ったときにお土産品店で「日本語話します」と書いてあったので
そのお店に入ったのですが お店のお兄さんが
「日本人はたいそう刺繍ハンカチが好きだそうですね。なかんずくこれが人気があります」
と勧められて大笑い出してしまいました。
彼が勉強した「日本語の勉強」という本を見せてくれました。
すこぶる、とか私があまり使わない言葉がいっぱい書いてありました。
あれを買っておけばよかったと激しく後悔しています。

スポンサードリンク

私たちが中学生になったときに外国人に向かって「This is a pen」を連発して
不思議な顔をされたのと同じなのか?
教科書に書いてある文をそのまましゃべると少しおかしい感じがするのと似ています。

彼女はずっと日本で育ってきたので普段は少したどたどしい日本語ですが 
テレビに出て緊張して気取ってしまうととんでもない単語を使ってしまうようです。
笑ってしまうのはもちろん可愛らしいからです。

滝沢カレンのプロフィール

生年月日  1992年5月13日
出身地   東京都
血液型   AB型
身長    170cm
父親    ウクライナ人
母親    日本人

もしわざとあの言葉遣いを「受け狙い」で出来るとしたら これはもうすばらしく頭がいい女性だと思います。
キャラ作りで事務所から言われているとしても これだけ完璧に不思議なな日本語を使えたらOKです。
綺麗な女性は得ですね。なんだかこの人は何をしても許してしまいます。

スポンサードリンク

 - 未分類