気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

関ジャニ∞の錦戸亮 坂本九さん役演じる「上を向いて歩こう」も歌う

      2016/08/28

スポンサードリンク

関ジャニ∞の錦戸亮が「トットてれび」に坂本九さん役で出演する。
髪を七三分けにして「上を向いて歩こう」を歌う。
坂本九さんが60年代にNHKで出演していた「夢であいましょう」を撮影している間に通っていた
中華料理屋さんに行ったり、お店の帰りに子犬を拾ったりというエピソードを再現している。

残っている坂本九の映像を見ながら研究し、歌も高いキーで練習を重ねたらしい。
坂本さんの映像使用も検討されている。
すごく楽しみ。

「トットてれび」はテレビとともに歩んできた黒柳徹子さんのエッセイ
『トットひとり』『トットチャンネル』を笑いと涙を交えてドラマ化した。

テレビ放送が始まったのは昭和28年。
NHK専属テレビ女優の第1号が、黒柳徹子さん。
『徹子の部屋』、『ザ・ベストテン』の時代まで、
森繁久彌、渥美清、坂本九、向田邦子といった方々との交流や友情を描きます。

スポンサードリンク

1960年代の「夢であいましょう」や「若い季節」など、日本の高度成長期のお茶の間から流れていた音楽を再現します。
毎回のラストでは日本中を熱狂させた懐かしいヒットソングを現代風に見せてくれます。
さらに徹子さんの玉ねぎヘアー誕生の瞬間や1年間のニューヨークでの留学生活、
おしゃれな徹子の華麗なコスチュームも再現しながら、全く新しいドラマ仕立ての番組です。
徹子さんが愛するパンダの姿を借りて、小泉今日子さんがナレーションを務めます。
未来から現れた「百歳の徹子」として徹子さんもドラマの中に登場します。
脚本は中園ミホ

【出演者】
満島ひかり(黒柳徹子)、中村獅童(渥美清)、ミムラ(向田邦子)、濱田岳(伊集院ディレクター)、
/ 安田成美(黒柳朝)、大森南朋(飯沢匡)/ 武田鉄矢(大岡龍男)、吉田栄作(黒柳守綱)、
岸本加世子(沢村貞子)、吉田鋼太郎(森繁久彌)

ここに錦戸亮が名前を連ねるのはすごいと思います。
演技力は定評がある錦戸亮さん NHK全国ネットで国民的なスターになって欲しいです。

スポンサードリンク

 - 未分類