気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

岡崎慎司が所属する「レスター」視聴率78%!英プレミアリーグで首位を走中

      2016/08/28

スポンサードリンク

今季のプレミアリーグで首位を独走し、世界中を驚かせる快進撃を続けているレスター。
イングランド代表FWジェイミー・バーディ、アルジェリア代表FWリヤド・マフレズなど素晴らしい能力を誇る選手が好成績に貢献している。
日本代表FW岡崎慎司もレスターの中では重要な役割を担っているが、2人ほどの結果を残せていない。
岡崎慎司の「途中交代20回」というのはプレミアリーグで最高の回数。
選手が途中から選手交代と言い渡される場合、その理由のほとんどがあまり活躍できないから・・・
レスターでプレイする岡崎慎司の場合はまったく違う理由での交代。
「ネガティブな途中交代」ではない。

英『BBC』が伝えるワトフォードのFWトロイ・ディーニーのコメントが一番解りやすい。

「レスターの選手たちはDFからFWまで、すべての人間がやるべき仕事を理解して常にハードワークをこなしている。岡崎がこのリーグで最も多く途中交代しているというデータも僕にはなんの驚きでもないよ。だって彼はずっとピッチ上を走り回っているからね」

スポンサードリンク

もちろん岡崎には多くのゴールを期待したいが、他チームの選手も認めて評価するハードワークは、いずれ大きな結果を持ってきてくれると思う。
敵を追い回し、チャンスとみると積極的にゴールを狙う。精力的に走り続ける岡崎慎司のプレイスタイルは、プレミアリーグのDFたちにとってもは常に警戒されている。

英『THE Sun』が3000校を対象に行ったアンケートでレスターは英小学生が“最も加入したいクラブチーム”で1位に選ばれた。
全体の45%がレスターと答え、14%でトッテナムとリヴァプールがそれに続いた。
そのグループに岡崎慎司がいるのは本当に誇らしい。アフリカ出身の選手が2人活躍しているからと言ってほとんどのアフリカ人が観戦している試合にスターティングメンバーでプレイして これ以上走るのは無理だと思われての発展的な途中交代を命ぜられる岡崎慎司はレスターの中心人物の一人であると思う。

スポンサードリンク

 - 未分類