気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

デマゴーグ。安倍首相が共産党のポスターに激怒。

      2016/08/27

スポンサードリンク

デマゴーグと共産党を批判。安倍首相が衆院予算委員会で、共産党のポスターに激怒した。
国立大の年間授業料が40万円値上がりするとの共産党のポスターに
「値上げは決まっていない。デマゴーグだ。選挙を前に極めて有権者を惑わせる」と怒っていた。

デマゴーグってデマのことなんだろうとうすうす気がついたけどはじめて聞いた。

どこがデマゴーグかというと ポスターは、共産党のホームページから印刷されたもので
「安倍政権が史上最悪学費値上げ」と大きく表現し、
小さな字で実施時期は16年後と記述しているらしい。

少子化でこれからの日本を背負っていく若者の学問をする場所の提供を
安倍首相の方針は阻止する印象を与えてしまうと思う。
民主党も共産党も政権を狙いたいのは分かるが 
自民党に対する批判が国民から見ても稚拙なので 
かえって野党は大丈夫なのかと思ってしまう。

安倍首相は柔和な表情から 怒るときは一変して
語気も荒げて顔を赤くして怒るところが とても人間的で好き。
日本の教育に対する姿勢を若者に誤解を生むような
ポスターが出回るのは我慢がならなかったのだと思う。

スポンサードリンク

デマゴーグという言葉を安倍首相が使わなかったら 
聞き流していたニュースだった。

調べると 私達は日常「デマ」と省略して使っているが
「デマ」の語源がデマゴーグ(demagogue)で古代ギリシアの煽動的民衆指導者。
「デマゴーグ」本来の意味は「民衆指導者」。
ギリシャで煽動的指導者が続き、衆愚政治へと堕落したことから
「デマゴーグ」は煽動政治家のような悪い意味で使われるようになった。
彼らの民衆煽動はデマゴギー (demagogy, demagoguery) と呼ばれ、
煽動的な嘘や噂を意味する「デマ」の語源となったそうです。
日本語には昭和初期にドイツ語の デマゴギー(Demagogie)を経由して入ったといわれています。
共産党は、首相の指摘を踏まえ「安倍政権が」と断定した部分を
「安倍政権のもとで狙われる」と修正しました。

デマゴーグ(demagogue)という東京中心に活動中のロックバンドがある。
デマゴーグという恐竜のおもちゃらしい写真もネットに載っていた。
両方とも 宣伝になって嬉しかったのだろうと思った。

 

スポンサードリンク

 - 未分類