気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

愛之助の「育ての母」高田美和が紀香を応援「悪口は気にしないこと」

      2016/08/28

スポンサードリンク

片岡愛之助の“育ての母”はあの高田美和さん。1973年に愛之助の養父の片岡秀太郎と結婚。
1980年に秀太郎が歌舞伎教室を開く。そこで当時8歳の愛之助と出会う。
「将来伸びると勘が働いた。部屋子に来てくれたらいいと」秀太郎に言ったらしい。
1984年に秀太郎と離婚するが愛之助とは付き合いが続いている。
自分が女優だったので批判・中傷も経験済み。
悪口は聞き流して自分のためを思っての意見はありがたく聞くようにと応援している。

今までは女優で自己責任で自己アピールは当たり前。
だからこそ今の位置があると思うので あまりテレビなどの放送内容にいちいち反応しないほうがいいと思う。
これからは立場も発言の重さもいやがおうにも注目されていく。
今までどおりニコニコと笑って思う道を進んでいると
いつかそれが評価されるのだから。
反対にまったく反応も無いのはすごく寂しいこと・・・くらいにドンと構えてればいい。

自分も周囲も傷つかないように上手にすり抜けて一番大切なものを守っていけばいいと思う。
この人自己愛が強すぎる傾向にある。
美人は仕方がないのかもしれないが女性からはそういう人はあまり支持をされにくい。

スポンサードリンク

これからは自己に対する愛情を違う方向に向ければいいと思います。
女性は最近あっさりと生きている人が好きなんじゃないかな。
必死で欲しいものを求めるのに理由は要らないし、人から支持されなくても自分が決めた道を行けばいい。
それを何をしても声援を期待するから面倒くさいとなるのではないかと思う。

年齢を考えるといつまでも自分に注目して!というのは 子供のように映る。
脇役の良さを味わえるから年齢を重ねるのは楽しいのに。

藤原紀香は「梨園の妻」の上下関係を受け入れられるか?

片岡愛之助が隠し子のDNA鑑定要求。認知のためか?母親は怒りの告白

藤原紀香の梨園妻デビューは10月。愛之助と今井翼共演の「石川五右衛門」

藤原紀香が「前の結婚はなかったことに」したら女性ファンはいなくなる。

スポンサードリンク

 - 未分類