気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

藤岡真 TOKIOの福島ラーメンに無神経発言で twitterが炎上

      2016/08/28

スポンサードリンク

藤岡真というミステリー作家がいる。 TOKIOが2年をかけて作った夢のラーメンの麺が福島さんだったため、暴言、無神経発言で twitterが炎上した。
この人中学生のような乱暴な意見を公の場所で平気でのべて それでも本を出しているんですね。
どんな神経をしているんだろう。
使っている言葉がひどすぎる。
本を書く人と言うのは ひとつの単語を使うのも 文章を練るもんだと思っていた。
それが作家だと。

でも違う 福島の悲劇に国民が心をひとつにして立ち向かっているときにこの人は 言葉ではとても言えない、人の気持ちをズタズタにすることを言ってのけた。
汚い言葉を苦しんでいる福島の人たちに向って公然とツイッターで発言した。
以前から東北に関して心無いことを何度も言っている。
すみませんの一言で済ましてはならない。

また私達も不買運動なんてしなくても こんな作家が書いた本を読みたい人は読めばいいし、
詠みたくない人は読まなければいい。

スポンサードリンク

冷静に行動することが一番人を傷つけない。

本を書く人はどんなジャンルであれ 尊敬していた。
田舎育ちの私は 絵本から始まり 童話集 本を買ってもらうのが一番の楽しみだったし
今も休日に誰にも邪魔されず本を読むのが一番の楽しみだから。

なんでもお金を出したら活字にしてくれる世の中になったということか。
こんな思想の人が本を出版したら どんな世の中になるんでしょう。

今日もニュースで神奈川県 藤沢市立中学校で 教師が白血病の生徒に
「白血病で体がだるいくらいで授業を休むのか」と暴言を吐いた。
人を育てるのが教師、教師の言葉は一生忘れないだろう。

バイトやパートと違い 教師は聖職です。
バイトやパートでも仕事は自分を成長させるからと必死で働いている人がいるのに
現代は自分の言葉に責任を持たないと 特にメディアに向けて発信する人は言葉には神経を使ってほしいと思います。

スポンサードリンク

 - 未分類