気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

偽通販サイトの 見分け方。だまされないで!しっかりチェック

      2016/08/28

スポンサードリンク

世界最大級のSNS「フェイスブック」で、友人を装った人物から通信販売のサイトを紹介するメッセージが届くケースが増えてきています。
その通信販売のサイトは詐欺であり
●支払った代金を盗まれて注文した商品が届かない
●模倣品や海賊版、コピー商品、注文してないものが届く
などの被害が出ています。

欺通販にだまされたときの損害は 金銭的な被害だけでは済まずに 個人情報を悪用されます。
●住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどが国外に流出する
●パスワードが国外に流出。同じパスワードを使いまわすと自分のアカウントがすべて不正アクセスされる。

など 大変な被害に遭います。

とはいえ便利な通販を安全に利用できるように 偽サイトを見分けるポイントを調べました!

偽サイトの特徴はこれ!だまされないで!

●商品の価格が安過ぎること
●品切れや入手困難な商品を売っている
●支払い方法が不自然なことです。
 カード払いができず、銀行振込のみとなっており、振込先の口座が会社名ではなく個人名義
●連絡先があいまいなこと
 電話番号が書かれていなかったり、携帯電話でしか連絡が取れない
●書かれている日本語が不自然
「てにをは」がおかしい、また 今は日本では使われていない古い字体が使われている

日本通信販売協会が情報を集めていますので、『あやしい』と思ったら、通販110番に問い合わせて下さい。

03-5651-1122

(月~金曜日午前10~12時,午後1~4時)

スポンサードリンク

私たちも騙されないように知識を持ちましょう!
怪しいサイトかどうか簡単に判断できるチェック方法です

★会社概要、会社案内にのっているメールアドレスはフリーアドレスになっていないか

  法律で表示することが義務付けられている 会社名、所在地、電話番号、責任者の名前が書かれていない。
  代わりにメールアドレスがかかれてあり、フリーメールのアドレス
  こんなサイトはほとんどが不正なサイトと考えていいと思います。

URLはHTTPSになっている?鍵マークはついてる?

 ログインするページや こちらの住所や名前を入力するページのURLが
 「HTTPでなくHTTPSになっているサイト」は情報を暗号化するため情報が外部に漏れません。
 また鍵のマークは認証局の審査を通過しているという証拠です。

値段設定が○○999円になっていないか

 日本の値段設定は○○980円と設定されているものが多いのですが
 海外は末尾が999という感じで値段設定するそうです。
 したがってこれは日本のサイトではないなと気づいてくださいね。
 また中国の簡体字が混じっているものも気をつけてチェックしてみてください。

偽通信販売による詐欺が増えています

相手の顔が見えないのではじめは怖かった通信販売。
最近は業者の努力で安心でスピーディに完全な梱包で届けられます。
ますます利便性が高くなって利用者も増えていますが そこに付け込む悪徳な業者がいるのも事実です。
振り込め詐欺と同じです。正しい情報とちょっとした機転で 難から逃れることが出来ます。
気をつけてチェック項目は押えておきましょうね。

スポンサードリンク

 - 未分類