気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

「HUNTER×HUNTER」が連載再開。ジャンプに詳細が掲載予定

      2016/08/28

スポンサードリンク

冨樫義博先生の「腰痛」による長期休載だった「HUNTER×HUNTER」が連載再開となることが決定。
2014年37.38合併号から休載してたのですごいニュース。主人はいつまで続くか分からんと言いつつも嬉しそう。
2016年3月19日発売の週刊少年ジャンプに詳細が掲載されるとのことなので、いまから期待して待ちましょう。

2014年「冨樫義博先生の容態が想定以上に思わしくなく、治療に専念」と発表

体調不良という説や ゲームし過ぎという説もあり 何が本当か分からないけど とにかく良かった。
毎週お気に入りの漫画がそこに絶対展開されると疑うことも無く読んでいる週刊誌。
職業とはいっても 乗らないときや 締め切りによって自分の書きたいことがベストに表現できなくて
質を下げることになるんじゃないかとか悩んでしまうとかないんだろうか。
私はあると思う。
確かに甘いと言えば甘いのかもしれないが 芸術家タイプなんだろう。
まぁ そういうタイプは週刊発行型の媒体は合わないのかもしれない。
もし、ゲームが大好きなら思いのたけゲームして充電していただいて 
しっかり気力が満ちてから一気にいいものを書いていただくのもいい。
だけどもし、腰痛だったらこれは本当にお気の毒です。

スポンサードリンク

私の友人は腰痛でお産のときにもっとひどくなり 2~3年の間お母さんが乳児を抱いてた。
腰痛は傷口がないので本人しか痛みがわからない。
かまってちゃんだったらイタイイタイと言い連ねるけど 頑張り屋さんは本当に長引く。

富樫義博さんの奥さんは美少女戦士セーラームーンを作画している竹内直子さん

だけど作風も違うので手伝ってくれよとか 塗り絵じゃないのでそんなことは言えないだろうな。
かえって同業は神経質になるのかもしれない。
私みたいにお気楽で 今度この靴欲しいから 頑張って仕事して!とかいって こんな奥さんだったら多分3日で追い出されるだろう。
周囲がまず私を追い出すだろう。
こんな馬鹿なこと言ってて 本当に今も苦しんでいらっしゃったら申し訳ないです。

こんなに待ち焦がれるものを作り出せる人はうらやましい。
今 景気が悪いせいか 悲惨な情けない事件が多すぎる。
子供とか老人とか 非力なものが犠牲になる。
世の中で弱者を裏で救うのが男じゃないの。
多少悪でもエッチでも器量が優れてなくても 心が男前の人が増えて欲しい。
今の日本には・・

そういう意味でも富樫義博先生 皆にささやかな幸せを少しでも長く与えてください。
でも くれぐれもご自愛くださいませ。

スポンサードリンク

 - 未分類