気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

日本野球機構は「声だし」を表面化させず。渡辺恒雄の力?

      2016/08/28

スポンサードリンク

日本野球機構は「声だし」を知っていた。
巨人でなかったら大問題で普通にペナントレースに出場できただろうか。
「無礼だ。記者の分際で」などと上から目線でしか対応できないあのオーナーが一言も発せず
おかしいなと思っていたら こんなことが公になるのを恐れていたんだね。
何が紳士的な球団なのだろう。

選手を調子がいいときだけ可愛がって 不振になると手のひらを返したように冷遇する姿勢は
原監督の粘着質な性格のせいなのかと思っていたら 巨人全体にはびこる気質だったのだ。

王、長島の時代はとても品格のある野球をしていたと思う。
江川も好きだった。
原監督になってからはとてつもなくダーティなイメージがある。
昔の初恋の人を長年想い続けて結婚するというのは美談だかそのすぐ後に浮気をして

スポンサードリンク

紳士ぶっていても皆裏で何をしているかわからない。それが巨人のイメージ。

今回の野球賭博をきっかけにいろんない事が出てくるに違いない。
いくら渡辺恒雄が辞めても悪いものは悪いと言える常識を選手一人ひとりが持って
子供ではないので自分で判断してもうこれ以上プロ野球のイメージを悪くしないで頂きたい。
新しい監督になったことだし生まれ変わる気持ちで 謙虚なチームになってほしいと思う。

応援する気持ちには全くなれないけど 熱狂的なファンも可哀相だし
高校から憧れの巨人に入った若い選手も可哀相。

スポンサードリンク

 - 未分類