気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

井上尚弥は22歳のボクシングチャンピオン。嫁は同級生の咲弥さん。

      2016/08/28

スポンサードリンク

井上尚弥(なおや)は1993年4月10日生まれの22歳。
2012年10月02日 ボクシングの聖地 後楽園ホールでプロデビュー。

結果は4ラウンドKO勝利。1回からダウンを奪う 衝撃的なデビュー戦を勝利で飾った。
井上尚弥はプロデビュー前から ボクシング界では知らない人はいないほど実績がある選手なのだ。

実績というか才能というか 人は彼を「怪物」と呼んでいた。
デビュー戦の勝利は 周囲の期待通り で彼の伝説が始まった。

井上尚弥は同級生咲弥さんと結婚してます。

プロボクサーで、WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥さんはご結婚されてます。
入籍したのは2015年の12月1日。神奈川・座間市役所に婚姻届を提出。
嫁は相模原青陵高時代の同級生の咲弥さん。
世界王者を相手にする復帰戦を前に、7年間も交際した女性と結婚したそうです。

「気配りもできるし、一緒にいて落ち着く。高校を卒業したときから結婚すると思っていた。
正式に夫婦になって負けられない気持ちもさらに増した」と言っています。誠実ですね。
7年間も交際ということなので、現在22歳の井上尚弥さんが15歳のときに知り合っていますね。
これからの彼の成績も奥さんしだいといわれるでしょうが プレッシャーに負けずに傍で支えてくれるでしょう。
こういったときは長い間お付き合いした後の結婚というのは 安心できますね。

井上尚弥の子供については?

井上尚弥さんの子供についてはまだ報告がないですね。
勝ち進んでいくとメディアの露出も多くなり ボクシング以外の仕事も増えると思います。
早く遺伝子を受け継ぐ2世の報告も欲しいところですが、まだ2人ともお若いので楽しんで青春して欲しいですね。

スポンサードリク


スポンサードリンク

井上尚弥に対する海外の反応は高評価

井上尚弥の海外の反応もすごかった! 米国ボクシングサイト2つで年間MVP。

2014年末にオマール・ナルバエスを撃破して日本最速の8戦目で
2階級制覇を成し遂げた井上尚弥。ナルバエスの実績がすごいだけに誰もがその展開と結果に驚いたが
海外の反応もすごかったようです。

それから約1年後
すでに世界2階級制覇を果たし、現在9戦9勝8KOの井上尚弥。
スピーディーな重いパンチを撃つ井上選手が
WBC世界フライ級に君臨している、44戦44勝38KOのロマゴンこと「ローマンゴンザレス」を倒せる
一番の有力候補なのは間違いないでしょう。

無題

井上尚弥と井岡一翔とどちらが強いのか

井上尚弥と井岡一翔 この二人はどうしても比較されてしまいます。

井岡アマ6冠
井上アマ7冠

と書かれますが…井岡はすべて高校生の大会でのタイトルであり、
井上は高校生でありながら全日本選手権のタイトルと、国際大会(シニア)のタイトルが含まれています。
全日本選手権の決勝は、大会3連覇中で前年のMVPを獲った選手に圧勝しての優勝です。
2011年の高校選抜大会は東日本大震災のため大会自体が中止となりました。
この年の国体は、井上は世界選手権に出場していたので国体に出ていません。
井上はすでに高校生のレベルではなかったため、もし出場していれば確実にタイトルを獲っていたでしょう。

いま対戦しても井上が勝つような気がしています。
2人の活躍を期待したいです。

スポンサードリンク

 - 未分類