気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

タマゴボーロは「ありがとう」を100万回聞いているからおいしい?

   

スポンサードリンク

タマゴボーロは愛知県犬山市の菓子メーカーで作られている。
製造工程で「ありがとう」を100万回聞かせている。
なぜ「ありがとう」を聞かせるの?

タマゴボーロの製造ラインは
(1)材料を混ぜ合わせる。
(2)機械の音の合間に“ありがとう”が聞こえている。

(3)混ぜ合わされて固形になってちょうどいいサイズにカットされていく。
   ここでも“ありがとう”。
(4)くるくると回され、丸い形と大きさを人の目でチェック。
(5)焼き上がったタマゴボーロは人の手で再度選別され袋詰めされる。
   当然ここでも「ありがとう、ありがとう」が聞こえる。

スポンサードリンク

“ありがとう”の声の主は50人ほどの幼稚園児。

「ありがとうの声のペースがだいたい2秒に1回くらいで、
1分だと(50人分の声で)1500回、24時間で216万回、
およそ100万回のありがとう」

先代の社長がお客さんや“従業員に対してありがとうを伝えたい”そんな思いから、
約15年前に始まったらしい。
“ありがとう”を100万回聞いていることはお菓子の袋に書かれているらしい。
チェックしてみよう!

ワインにも醸成中に音楽を聞かせたり、牛にも音楽を聞かせるとおいしい牛乳ができるらしいです。
不思議。

スポンサードリンク

 - 未分類