気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

「BLEACH」漫画家 久保帯人氏、手紙の差出人見つかる

   

スポンサードリンク

「BLEACH」の作者で漫画家の久保帯人氏が、ツイッターで
去年11月に受け取った差出人の名前のない手紙の主を探していた。

内容は余命1年半で入院している男の子からのファンレターだった。
でもその手紙によるとこの手紙が久保帯人さんに届くときには
手紙を書いた本人はもうこの世のいないということであった。

ファンにも協力を得てこの手紙の差出人を探していたら
やっと見つかったらしい。
差出人は少年の家族ではなく
同じ病院に入院している男の子だった。
自分の寿命が1年半であると知ってしまい、生きていくことに絶望していたが
「BLEACH」をみて生きる勇気がわいたというものであった。

作者の久保帯人さんも体調が悪く
休載が続き、精神的にも参っていたが、
その手紙に励まされたという。

スポンサードリンク

久保氏はすでに亡くなっているかもしれない手紙の主にお礼を言いたいと、
差出人を捜し出すことを決意。
ファンにも情報提供などの協力を呼びかけていた。

11ヶ月ぶりに12月13日 久保帯人さんがツイッターを更新した。
手紙の差出人の方と連絡がついたことを報告していた。

とても感動的で胸がいっぱいになりました。
「BLEACH」を読みたくなりました。

国内外のファンから「先生の想いが届いて良かったです」
「つながって良かったですね。空の彼方にも届きますね」
「差出人が見つかり本当に良かったです!きっと手紙を書いた少年も、
差し出してくれたその友人もとても喜んで

いると思います」と、喜びと感動の声が多数寄せられた。

スポンサードリンク

 - 未分類