気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

サンフランシスコのエドウィン・リー市長が 12日、死亡。

   

スポンサードリンク

サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長が
12日、死亡。65歳だった。

あまりの若さと最近の話題に上っていた最中だけに
ちょっと驚く。
近所で買い物中に心臓発作を起こし病院に運ばれたらしい。

昨日もテレビで忙しく仕事中心で
自分の健康を省みることをしないと
65歳というのは危険な年代ではあると言っていた。

納得しかかっていたら百田尚樹さんが
慰安婦の呪いかな?など発言して問題になっている。。

とても複雑な気持ちになってしまう。

サンフランシスコと大阪は姉妹都市。
しかし先月 エドウィン・リー市長が
中国系市民団体が市内に建てた旧日本軍の従軍慰安婦を
象徴する像の寄贈を受け入れる議案に署名したため
大阪市の吉村洋文市長は関係解消を表明していた。

エドウィン・リー市長の両親が中国系移民。
西部ワシントン州シアトル近郊で生まれた。
サンフランシスコ市で弁護士を務め、
2011年にアジア系として初めて同市の市長に就任した。

スポンサードリンク

 - 未分類