気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

「おおかみこどもの雨と雪」の作者・優さん死去

   

スポンサードリンク

「おおかみこどもの雨と雪」の作者・優さんが亡くなりました。
とても悲しい。
私は宮﨑 駿さんのジブリ作品をあまり見ないので
最初はこの映画は宮﨑 駿さんが作られたのかと思っていました。
でも 子供向けの映画ではないことがすぐに解りました。

「おおかみこどもの雨と雪」は細田守監督が自ら脚本も手がけた作品です。
テーマは「親子」であり、19歳の大学生が「おおかみおとこ」と出会い、
その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長して
自立するまでの13年間を描いた映画です。

映画を見た後に 立ち上がれないくらい感動してしまったからです。
人を愛する切なさや子供の自立を受け入れる悲しさなど
自分が人間でなかったら感じないと思います。

私は動物の子育てをみて ストイックに受け継がれるDNAに
驚きをいつも覚えます。
アフリカの草原で自分より大きな凶暴な天敵と
自分の子供を守るために 自分の命に代えても戦い抜く親達。
最愛の子供が成長したら アフリカの草原で力強く別れができる動物の
不思議。
どうしても理解できないことがあります。

スポンサードリンク

動物だから 人間のように死を怖がるわけではなく
つぶらな瞳で生きている愛犬を見ていても
人間よりもよほど自立しているのかなと感じてしまいました。

人間は傷ついたり、プライドが邪魔して
自分の願望を隠したり、嫉妬したり、
とても面倒くさい。

欲しい物は欲しいと叫んで 走り出していく動物のように生きてゆきたい。

この素敵な世界を『ヤングエース』にて2012年5月号から
漫画版で作ってくれていた作者・優さんが亡くなりました。
7月1日、急性心不全により亡くなられたと今日
旦那様からTwitterで発表がありました。

「おおかみこどもの雨と雪」は是非是非ごらんになっていただきたいなと思います。

DVDを買っておかないと売切れてしまうのかもしれない。
今日帰りにTSUTAYAに寄ってみたいと思います。

スポンサードリンク

 - 未分類