気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

ベッカムのEメールが流出。チャリティ活動は「騎士号」欲しさだった?

   

スポンサードリンク

ベッカムのEメールがサッカー専門の暴露サイト
「フットボール・リークス」で流出された。
現在 デイビッド・ベッカムはユニセフなどの慈善活動に従事している。
それがすべて騎士号欲しさによるものだったことが赤裸々になった。
確かに人間だからいろんな野心があるのは仕方ないけど
ちょっとショックだった。

騎士号、「ナイト」は、文化・学術・芸能・スポーツ等で
素晴らしい功績を残した人に、女王が授ける名誉ある称号。
首相が助言し君主が授ける栄典だから
ベッカムは自分こそふさわしいという自負もあると思う。

イギリス人に生まれて国を代表するサッカー選手になって
イングランド代表キャプテンを務めただけでなく、
イギリス、スペイン、アメリカ、フランスと世界のチームを渡り歩き、
サッカー選手として世界最高年俸の約44億円を稼ぎました。

世界のベッカムになったんだから・・・
「サッカー界の貴公子」と呼ばれたデビッド・ベッカム。
ベッカムがナイトになりたがってもおかしくないですよね。

どうも奥さんのビクトリアがベッカム以上に
欲しがっているような気がする。
これは全くの私の想像ですが・・・
本当にいい加減なことは言えないけど。

ナイトになったら敬称は Sir (サー)、
夫人は Lady (レイディ)のをつけて呼ばれる。

そういうのを好きそうな気がしませんか?
あの奥様は。
本当に私の勝手な想像ですが。

メールの内容が流出してしまうのはいくら有名人だとしても迷惑だろう。
当初はユニセフへの寄付を拒否したこと、
個人スポンサーが支払っている飛行機代 約93万円を請求したことなど
相手側が流したのだろうか。

スポンサードリンク

2013年に叙勲が叶わなかったベッカムは選出委員会について
「あいつらはクズの集まりだ。誰が叙勲を決定しているんだ?」
とメールで怒っていたらしいが
誰にそんな無防備なメールを送ったんだろう。

流出してしまう相手のほうがひどいと思うのですが。
有名人は孤独ですね。
一般人では考えられないくらいに言動に気をつけなくてはならない。
先日の成宮寛貴さんもプライバシーの侵害に
耐えられなくて芸能界を引退してしまった。
詳しいことはわからないし薬物の使用も噂されていたけど
友人だと思っていた人に裏切られたら絶望的な気持ちになると思う。

人間は本音と建前があるので 怒りに任せて発した言葉が
一人で歩いてしまったら取り返しがつかない。

本当にネットは怖い。
私も相当に外面がいいので家族に暴言を吐いて
ストレス解消していたこともある。
飼い犬にまで愚痴を聞いてもらっていた。
反省しようと思う。

16年もずっと一緒だった犬も年末に亡くなってしまった。
ちゃんと生きて行こうと思った。

ベッカムに戻りますが これでまた今年もユニセフ、
軍隊、チャリティ活動に従事しなければいけないと
ぼやいたメールまで出てしまったらしい。

絶対ありえないけれど もし私がベッカムのような立場になったら
やはりユニセフやチャリティに関しては純粋な気持ちで行動すると思う。
今の恵まれた自分を創ってくれた世の中に恩返しするためにも。

ベッカムは多分まもなく念願のナイトの称号を与えられるとおもうが
その後でも ずっとユニセフやチャリティに対して心から向き合うしか
名誉を挽回する道はないと思う。

スポンサードリンク

 - 未分類