気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

「ますだおかだ」、娘の岡田結実と共演NG。さんま IMARUも

   

スポンサードリンク

「ますだおかだ」の岡田圭右は娘 岡田結実との
共演を拒んでいるという。
小さいときは「お父さんと結婚したかった」というほど
父親の岡田圭右が大好きだったと言っていた。

また父も娘の岡田結実が可愛くてたまらないのが
画面を通じて伝わってくる。

お父さん譲りで目鼻立ちのはっきりして美人だ。
女優さんになれるくらい可愛い。
お父さんのネタも完璧にやって笑わせてくれる。

さすがに大阪の子だ。
可愛さを武器にして生きても十分なのにそれはしない。
女性の目は厳しいが 視聴者からの好感度も高い。

よくここまでいい娘に育てたなと思ってしまった。
ちやほやされたりしないのだろうか?

芸能界は親のバックできっと最初は露出も多いし
ほかの人の苦労に比べたら本当に小さな力で
ある程度まではやることができる。

でも時間が経つと自分の実力でなく親の七光りの場合は
2度と声がかからなくなるので
最初は失敗してもいいから 一歩一歩自分の力で歩いてほしいので
共演しないと言う選択をしたと言うことです。

スポンサードリンク

関係者は「岡田圭右はサービス精神旺盛で、
マスコミの取材でも惜しみなくギャグを繰り広げてくれますが、
娘の件になると急に黙り、せいぜい当たり障りのないことを
ひと言ぐらいコメントするだけ。
もはや娘のことを聞くのはタブーに近い」と言っています。

芸人になると決めたら 本当の実力を身につけてほしい
と思う「親心」だ。
もちろん心配になる気持ちは人一倍強いのだろう。
自分の大切な娘なのだから。
あたりまえだ。

さんまもIMARUに関しては同じ方針をとっている。
仲がよさそうだし2人が画面で並ぶと考えるだけで楽しいのに。
大竹しのぶさんの話をしたら最高なのに。

でもさんまさんはIMARUさんに人の10倍くらい努力しないと
成功しないからと日ごろから言い聞かせているし
共演はしないと決めているらしい。

それに比べるとたけしは結構 娘のCD の宣伝もしていて
お父さんの顔丸出しでちょっと意外でした。

自分の子供が自分と同じ職業を選んでくれるってどういう感じだろう。
自分が一生懸命生きてきた姿を 受け入れているということ。
親としては生き方を肯定してくれるのはとても嬉しいことだと思う。

自分の子供を愛していればこその共演NGなんですね。

スポンサードリンク

 - 未分類