気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

ポケモンGO Plusが発売。池に落ちてコイキング状態になるシニアは必須。

   

スポンサードリンク

ポケモンGO Plusはスマホを見続けなくても遊べるデバイス。
腕時計のように身につけられる。
ポケモンが現れたり、近くにポケスポットがあることを
振動やランプで教えてくれる。
安心してちゃんと前を向いてウォーキングできるんです。

本当に足元を見ずにゲームに集中して歩いていたり、
自転車に乗って片手でゲームをしている人がいるけど
危ないなと思う。

若い人は運動神経もあり、すぐに対処できるし 耳もいい。
危ないのはシニアの人たち。
家に閉じこもらずに外に出る習慣は体力づくりにも
認知症予防にもとてもいいことだし、
スマホやPCのゲームが「脳トレ」、「カラオケ」と共に
認知症の予防になるというデータが発表された。
それにウォーキングも必要となると
まさにシニアのためのゲームかとも思うくらい。

でも若い子なら「躓いちゃった」と笑って済ませることが
シニアなら命取り。
先日もポケモンGOをしていて池にはまって
動けなくなり若者に助けてもらったシニアもいる。
若者が「コイキングだと思ったらおじいさんだった」と言ってた。
バタバタしてらしたのかな。
ちょっと笑ったけれど 若者がいて助かったなと思いました。

スポンサードリンク

だからとにかく怪我をしないように一人でなく数人で行動してほしい。
私も決して若者ではないが仕事で若い人たちと接することが多く
住んでいるところがポケスポットが乱立しているところなので
始めてみるととても面白い。世界でヒットするのもわかる。

神経を集中するので周囲の安全を確認してから遊んでほしいなと思った。
急に考えられない方向に歩き始めたり、
薄暗い道で自転車を止めてうつむいていると
通り過ぎる時に気持ちが悪くなる。
私の会社の前の通りには
「ポケモンもいるけどひったくりもいるよ!」と
書かれたポスターが貼ってある。

被害が多く 町内会の人が作ったそうだ。

別に宣伝料を頂けるわけではないけど
ポケモンGO Plusは便利。
いろんな事故が起こっているので会社も
商売っ気だけでなく考えたんでしょうね。

スポンサードリンク

 - 未分類