気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

「しわしわネーム」がじわじわ増えている。キラキラネームも以前人気。

   

スポンサードリンク

「しわしわネーム」とはキラキラネームに反して古風な名前のこと。
2016年の上期のキラキラネームランキングの発表によると

1位は「碧空」。
読み方は、「あおぞら」「あとむ」「そらと」
「りく」「そら」「みく」「あおい」
「みらん」と多岐にわたる。
学校の先生は大変だ。

またランキング上位ではないが
星凛(あかり)、奏夢(りずむ)、輝星(べが)……
など両親でないと読めない名前が多かった。

その一方 最近のテレビで見かけるタレントの中には
誰にでも読める昔からある名前
「しわしわネーム」の人が増えている。

広瀬すず、二階堂ふみ、神木隆之介、門脇麦
黒木華、木村文乃、野村周平、白井健三など
一昔前の名簿を見ているようだ。

先ほどのネームランキングで1年前の2015年の
ランキングでは男の子の13位に「一郎」、
女の子の9位に「文子」、19位に「徳子」などが
ランクインしていてしわしわネームの傾向も見受けられるのです。

スポンサードリンク

ネットで意味深なことが書かれていました。
「一般的には古風な名前は堅実そうで安心感があります。
逆に、奇抜な名前は行き当たりばったりで付けたように
感じるため、いい印象を抱かない人も。
最近では、個性的な名前は、受験や就活などで
不利になると言われることもあります」

これは大変だと思うのです。
親はやはりこんな影響まで考えてつけてあげないと・・・

私は 個人的には古風な名前で 女の子なら「子」が
男に子なら「朗」や「郎」がつくほうが何となく好き。

スーパーなどで親が子供を呼んでいるときに
子供を見て完全に名前負けだと思うことも多いし、
将来は宇宙飛行士だねと笑える名前も多い。

名前は呼ばれて自分を変えていく力があるらしいので
音声的にも綺麗で就職などのときに障害にならないように
つけてあげたいですね。

本人がキラキラしていたら しわしわネームでも
素晴らしいと思いました。

スポンサードリンク

 - 未分類