気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

男子400リレーが銀メダルを取れた理由。バトンパスとコーナリング

   

スポンサードリンク


日本陸上男子100mでは9秒台がどうしても出なかった。
でも 男子400リレーは最後はボルトも驚く第2位でした。
9秒台が当たり前のジャマイカやアメリカと勝負して
9秒台が一人もいない日本が37.60で2位になりました。

バトンパス区間で殆ど減速せず スムーズにバトンを
渡しているため第一走者以外は全員9秒前半で走っています。

でもなぜ他の国は日本の映像を解析しないの?

バトンの練習は口で言うほど易しくなく、
全員が集まらないと練習できないのです。
また日本人の国民性はコツコツ練習好きなのだと思います。

ジャマイカの選手は脚力に自信があるので 
そんな複雑なちまちましたことを練習するより
本来の走ることに磨きをかけるのだと思います。

アメリカは個人主義が当たり前なので
協力して一体となっての繊細な練習おり
走りに全てをかけて練習をしているから。
多分協力して団体で練習すると 
個の能力が下がってしまうのではないかと思う。
中国は日本の真似をして強くなったらしい。

でも そんなにバトンの渡し方で差が出るの?

クラウチングスタートは第一走者だけだから
二走者からは助走もありだし、腕を伸ばしてバトンを渡せば距離も稼げます。

スポンサードリンク

ジャマイカ他 ほとんどの国は一番シンプルな
腕を上に上げて貰うパスをしており
日本は腕を下にして受け取る 難しいアンダーパスをやっていた。

アンダーパスのメリットとデメリット

このアンダーパスは選手間の距離が近いので
距離が稼げないデメリットがある。

今回日本はさらに進化させて中間位置で貰うパスを練習した。
高速で受け渡し出来る上、選手間の距離が離れてる分距離も稼げます。

アンダーハンドのメリットは、もらった人がすごく走りやすいこと。
オーバーハンドは腕を上げた状態で固定するので、
走りが制約されて加速がしづらい。
失敗もしやすいし、距離感もつかみづらい。

腕を下に下げている方が走りに近く、
腕を上げている時間も短いので加速がスムーズ。

渡す方は上であろうと下であろうと、あまり関係なく
大切なのは受けるほう。

バトンがうまく渡らないリスクも高まりますが
本気でメダルを狙う4人は翌日の決勝に向け
「さらに攻めるバトンパス」に挑戦しました。

日本は予選の時よりも、走り始める地点を3回のバトンパスの合計で
距離ではおよそ30センチ手前にすることで最大限の加速を狙いました。

桐生祥秀選手、飯塚翔太選手、山縣亮太選手、ケンブリッジ飛鳥選手。
勇気ある挑戦でした。
体型で劣っていたとしても
知的に技術を磨いたら 東京では リレーは金メダルも夢ではないです。

スポンサードリンク

 - 未分類