気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

萩野公介 男子200m個人メドレーで銀メダル。フェルプスは31歳で金。

   

スポンサードリンク


萩野公介が 200m個人メドレー決勝で銀メダルを獲得。
萩野は、400m個人メドレーの金、800mリレーの銅に続き
このオリンピックで3個目のメダルを獲得。

萩野公介はインタビューでこう答えている。
「もっといい勝負をしたかった。
オリンピック6日間を通して戦い切る力がなかった。
素直に疲れました。ずっとスピードが出ていなくて、
考えても仕方ないと思った。
フェルプス選手、ペレイラ選手、ロクテ選手と一緒に
最高の場で泳げることに喜びを感じた」

そうだそうだ、フェルプスは水泳では
高齢なのにもっとスタミナがある。
萩野は体力をつけなければと思う
水を飲まなければ死にそうだと
レース後に女子アナに飲み残しのペットボトルの水を
もらってようやく声が出ていた。

スポンサードリンク

ダメだこれでは!まだ若いのに。
生まれて5ヶ月で水泳を始めたって本当なのだろうか?

萩野公介プロフィール

生年月日    1994年(平6)8月15日
出身地     栃木・小山市生まれ
出身校     作新学院高校
身長      177cm
体重      71kg

藤森太将は1分57秒21の自己ベストで4位。
自己ベストだから頑張ったと思うが
もう少しで銅メダルが取れたのに・・

金メダルはマイケル・フェルプス(米)31歳。

私が一番気になったのはこの人だった。
ロボットみたいな強さで泳ぎ続ける人。
五輪競泳史上初の4連覇を達成。通算22個の金メダル。
31歳で何でこれだけ強いのだろう。
北島康介もリオに出てもらいたかった。

スポンサードリンク

 - 未分類