気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

金藤理絵 平泳ぎ200m 金メダル獲得。岩崎恭子以来。

   

スポンサードリンク


金藤理絵 金メダル獲得。水泳200m 平泳ぎ決勝。

2分20秒30で金メダルを獲得。
日本女子の平泳ぎ200mでの金メダルは
バルセロナ五輪の岩崎恭子以来。

「どんな結末になっても今回が最後」と決めた舞台で最高の結果を出した。

自身の持つ日本記録更新はできなかったが
「最低限の目標を達成できてよかった」と笑顔を見せた。
レースを終え「信じられない」と感極まった様子の金藤。

14年には引退も考えたが10年間指導を受ける加藤健志コーチから
「周りはみんなおまえのことを考えている」といわれ投げやりで続行したが
それでも支えてくれる人に最後の姿を見せようと頑張った。

スポンサードリンク

08年北京五輪で7位入賞したが、12年ロンドン五輪は出場を逃した。
その金藤理絵を支える加藤健志コーチの執念が通じて
誰よりも練習を重ねての金メダル。

4月の代表選考会では2分19秒台をマークしていた。
金メダル最有力候補であったがそのまま結果に表れたのは
練習量とコーチの力と前の2大会に出られなかったけど
続けてきた精神力の強さだと思う。

オリンピックの舞台だけ見ると素晴らしいとうらやましくなるが
どんな選手も思いと努力がなければ 輝かしい結果は残せないのだと
改めて思った。

スポンサードリンク

 - 未分類