気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

福岡の小学校長が勝手に喫煙所設置 。全面禁煙なのに教諭らと喫煙。

      2016/08/29

スポンサードリンク

福岡市の小学校長が全面禁煙の敷地内にタバコが止められず
勝手に喫煙所設置。

2015年5月から約1年にわたり 
小学校の敷地内のプレハブ小屋を喫煙所として使用した。
校長のほか、男性教諭ら6人が使っていた。

健康増進法を受け、教育現場では敷地内の禁煙が広がっている。
福岡市教委は通達で2005年4月から、
市立の小中高校や幼稚園などの敷地内で喫煙することを禁止。
教諭らは敷地外の喫煙スペースなどを利用しなければならない。

スポンサードリンク

校長は「たばこはやめられなかった。
敷地外だと地域の目が気になった。」と説明している。

校長は市教委の実態調査で「敷地内に喫煙所は設けていない」と
うその回答をしていた。
この校長は減給1カ月の懲戒処分になった。

なぜ発覚したか?
「子供達が休憩時間が終わったら先生が臭い」と
子供から聞いた保護者からの手紙だった。

小学生でも高学年になるとタバコを吸う子もいるので
敏感に気がついたのだと思われる。

小学校の先生も大変です。

スポンサードリンク

 - 未分類