気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

ベッキーの強すぎるミュージシャン愛。家庭持ちであろうと関係なしに好きと公言。また?

      2016/08/29

スポンサードリンク

ベッキーにはミュージシャンに「はまってしまう」という癖がある。
そしてそれを必ず公言する。
言われたほうは悪い気がしない。
相手がベッキーなら反応しますよね。
気に入ったのは結構だけど自分のものにするのだという強い意志を感じます。
ミュージシャンもEXILEクラスの大物はあまり乗ってこないけど
今から売りたいグループなどは嬉しくないはずはないですよね。

少しずつではあるが、復帰に向けてわずかな歩みを見せている。
「FULL CHORUS ~音楽は、フルコーラス~」の復帰が決まり、
7月29日には同番組のライブイベントで司会を務めた 。

皆が忘れてしまわないうちに
あの向日葵のようなベッキーに戻って欲しい。

確かに音楽番組の司会などはベッキーにぴったりです。
でも自分のお気に入りのグループにはまりすぎ、べたほめなどは
かえって好感度を下げると思う。

だってあんなに痛い思いをして 事務所に迷惑かけて
社員はボーナス無しで頑張っているのに
また能天気に好きだとか最高だとか、いい加減にしたらいい。

スポンサードリンク

情熱的な恋愛体質の血が騒ぐのだろうか。

ベッキーがインスタグラムに投稿した記事を見てまた悪い癖がと心配する人も多い。
ドアの前で自分の写真と共に
「フルコーラスin日本武道館!きてくださったみなさま アーティストのみなさま 
スタッフのみなさま どうもありがとうございました!」
と感謝の言葉を綴っている。
ここまではいいのだ。

さらに続けて「本間さんバンドもすてきだったなぁ 
やっぱりアンジュルムさんの『大器晩成』すきだ。 
OKAMOTO’Sさんのライブがついに観られて感激」と
ミュージシャンたちへの熱すぎる想いも述べている。

この人懲りてないんじゃない?と思われてもいいの?
今が一番大事なときですよ。

なぜかミュージシャンばかり好きになる女性がいるが、
ベッキーもそんな1人ではないかと考えられているようだ。

このミュージシャン愛を発散するのは普通の人なら許されるけど
いらない想像をしてしまうし 本当に申し訳ないと思っているのと
思われるから。
公私をしっかりつけて 会社のために頑張ってください。

スポンサードリンク

 - 未分類