気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

東国原英夫氏は鳥越俊太郎氏の「宮崎で終わった」発言に恨み炸裂。見苦しい。

      2016/08/29

スポンサードリンク

東国原英夫氏が鳥越俊太郎氏に対する恨みがとまらない。
東京都知事選に立候補している鳥越俊太郎氏に対し、
ツイッターや出演番組などで見苦しいほど猛烈批判している。

元宮崎県知事の東国原英夫氏は 以前鳥越俊太郎氏から
「貴方は宮崎で終わった」と言われて暴言だと猛烈に怒っていた。

暴言でもなく真実を突いていると思うがなぜか 
ヒガシは 怒っている。
みんなそう思っていると思いますけど。
宮崎でうまく行ったので総理大臣にでも直ぐになれると思ったらしい。
すごく恥ずかしいことをあのときの自民党に言ってましたよね。

橋下徹人気に便乗して維新の党に入ったり
自分が目立たなければ直ぐに離脱したり
たけしがなぜ彼をかばうのか 気が知れない。

とうとう今では時々マラソンで目立つだけの
前科のあるお笑い芸人になってしまった。
性格の悪さは隠せないので 昔 悔しい思いをしたことは
忘れていないんですね。
相手が窮地に陥ったときにがんがん責めていく。
今は大人しくしていたほうがいいのに。

3度目の奥さんには1時間半もかけて宮崎の自分の両親の面倒を見させて
奥さんは介護に疲れ果てているらしい。
たまに宮崎に帰るときは 奥さんは家では着物を着ることを命じていて、
ポテトサラダに入れるハムの大きさは「2cm×0.8cm」
細かい男だ。
自分の親の面倒を見てもらっていて介護疲れの奥さんに
自分の好みを押し付けて着物を着せる・・・
いつまでも枯れないのだこの人は。

スポンサードリンク

自分より強い人にはへつらって 弱い立場になった人には
うらみつらみを 思いのたけをぶつけるんだ。

こんな人には絶対近づかないほうがいい。
ビッグになることを狙っているらしいが
お笑いで自虐ネタで笑わせてくれたほうがよっぽどいい。
中途半端な人だ。

たまにテレビに出演しては
「僕が聞いている女性スキャンダルは、今回の『文春』の記事とは違う内容である」
など、鳥越氏がほかにも「女性問題」を抱えているとの噂をにおわせたり、
「『文春』や他の週刊誌も知っているのかも」とも綴ったりと、徹底した鳥越攻撃になっている。

また「バイキング」に出演した際には、鳥越氏の「街頭演説の少なさ」を批判。
まず、鳥越陣営に近しい人間から聞いた話として、
「正直に言います…、街頭演説させないらしいです」と発言した。
その上で、「体力的な問題もあるし、街頭では喋れないらしいですね。
『喋るの下手』みたいですよ、これは選対本部で本人から聞いたんですけど」
と鳥越氏の弱みをあけすけに指摘した。

いやな男だ。
ツイッターでも完全に男を下げている。
橋下徹のツイッターとは次元が違う。
同じ土俵だと勘違いしているのが悲しい。

元からあまり好きな人ではなかったが 
決定的に嫌いになった。

宮崎で終わっていてカッコイイじゃないですか。
お笑いで堂々と生きて行ったらいいじゃないですか。

スポンサードリンク

 - 未分類