気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

砥石秀夫は生駒署前署長。スーパーで財布置き引き。退職金は全額支給

      2016/08/29

スポンサードリンク

砥石秀夫は奈良県警生駒署の前署長。60歳。
平成28年3月26日 奈良市内のスーパーマーケットで買い物をした際、
買い物かごの中に他の客が置き忘れていた財布を
一緒にいた女性とともに盗んだとして窃盗の疑いが持たれました。

財布には現金3万円その他が入っていました。

防犯カメラにうつっていた映像から砥石警視の犯行が強まり、
警察が本人に事情をきいたところ、
「財布を目の前にして、つい盗んでしまった。申し訳ない」
と話し、容疑を認めたため窃盗容疑で書類送検された。

3月31日付で減給100分の10(6カ月)の懲戒処分となったが、
その日に定年退職したため減給は適用されていない。
県条例に基づき差し止められていた退職金の支給も、
本人が反省しているため不起訴処分となり 全額支払われるという。

驚きの情けないニュースですが 女性と一緒に盗んでいるし
町内では有名になり 普通の感覚なら同じ場所には住めないでしょう。

家族は退職金を全額支給されても
とても恥ずかしい思いをすると思うので
お気の毒だと思います。

スポンサードリンク

一時の気の迷いで
老後が少し惨めになってしまいました。

民間でも退職が近くなると 日々の行動にはとても気をつけるそうです。
たまたま意識の低い警察官が退職前に気が緩んだのだと思います。

それともこういうことをする人は
ラッキーだと受け止めて 精神的にも悩まずに
健康で長生きされるんでしょうか。

すごく意地悪い文章になってしまったのは自覚しています。
つい最近 病的に自分を責める癖がある友人が
あまりにも真面目すぎる性分も影響して 肺癌になり 
2年間苦しい闘病の末 亡くなりました。
タバコを吸うでもなく規則正しい生活をしていたのですが
些細なことで夜眠れなくなる性格は若いときから続いていたので
身体を壊さなければいいとずっと思っていました。

発病を聞いたときやっぱりという思いが強かったです。
こういう事件を見ると 友人も もう少し図太く生きていたら
病気にもならなくて済んだのではと悔しく感じてしまいます。

スポンサードリンク

 - 未分類