気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

平野ノラはお笑い芸人。インテリの匂いがする。バレー付けの青春。

      2016/08/29

スポンサードリンク

平野ノラはお笑い芸人ですが幼少時から
運動神経に優れていてマネジメントも任されていた。
勉強も好きだし人間も好き。
バレーボールが本当に好きだったらしい。

平野ノラのプロフィール

生年月日  1978年10月20日
出身地   東京都
血液型   AB型
身長    162cm
出身    ワタナベコメディスクール13期生
コンビ名  ババノラ(解散)
芸風    漫談、一人コント
事務所   ワタナベエンターテインメント
活動時期  2011年10月 –
代表番組  ナカイの窓
過去の番組 芸人報道

平野ノラのバレーとの出会い

母親がママさんバレーをしていたので小学3年生の時にバレーボールを始めた。
東京都葛飾区のチーム『東金町ビーバーズ』に選手として所属。
中学校もバレーボールの強豪校へ、高校もバレーボール推薦で進学。
チームで中・高9年間キャプテンを務め、関東大会で2位になった。

スポンサードリンク

高校卒業後、友人が主宰する劇団の公演に出演することがあり、
稽古の時にセリフの掛け合いで、面白さを狙ってアドリブで演じたところ
「台本どおりにやらない」と怒られたらしい。
この時に「私には集団でやるのは私には向いてない。
自分は笑いを取るのが一番嬉しい」と感じて、
お笑いを始めるきっかけになったという。

全国大会と東京新聞杯で優勝を経験した。
「今芸人としてやっていく上で大切な精神力が、
厳しい練習環境で揉まれていくうちに培われた」と言う。

短期契約で不動産の仕事をしていたことがあり、
その中で宅地建物取引主任者の資格を取得した。

スポンサードリンク

 - 未分類