気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

瀧澤信秋は日本唯一のホテル評論家。利用者目線でホテルをチェック

      2016/08/29

スポンサードリンク

瀧澤 信秋(たきざわ のぶあき)は、
日本でたった一人のホテル評論家であり旅行作家。

テレビでよく見かけるが今晩は「マツコの知らない世界」で
ホテルの選び方など教えてくれる。

最近日本に外国からの旅行者が多く
ホテルが足りず地方の旅館まで宿泊客がいっぱいだと聞く。
外国からだけでなくシニアが旅行する人が増えている。
世界遺産に認定された場所などは前年と比べたら旅客数が大幅に伸びているらしい。

舛添さんが年始年末を過ごすことで話題になった「ホテル三日月」にも
お客さんが増えているそうです。

名前が出てしまって客商売なのにお気の毒と思っていたのですが
かえって有名になって予約が難しいくらいお客さんが増えたそうです。

スポンサードリンク

瀧澤 信秋氏は長野県上田市で育った方。
ホテル全般に関する調査・研究を利用者の視点で見て提言している。
チェックする能力というより、サービス精神がなくては提言ができないと思います。

また、ホテルや旅館のおもてなし(ホスピタリティ)・サービスへの評価やクレーム、
ホテルに関する社会的な問題などについて、
ホテル経営者やスタッフ、関係者などへの綿密な取材の上、
マスコミへの情報提供を頻繁に行う。

ホテルはビジネスホテルからレジャーホテル(ラブホテル)までと幅広く評論の対称にしている。
ホテルの需要はその背景に時代に応じた理由があり変化して行っているという。

「民泊」などという新しい言葉まで生まれた宿泊事情。
どんな切り口から話してくれるのか楽しみです。

スポンサードリンク

 - 未分類