気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

真飛 聖(まとぶ せい )元宝塚・花組トップスター。退団後活躍について

      2016/08/29

スポンサードリンク

真飛 聖(まとぶ せい )さんは宝塚時代は
花組の男役のトップスターでした。

現在はワタナベエンターテインメントに所属する女優さんです。

プロフィールを見てみます。

真飛 聖(まとぶ せい )のプロフィール

出身   神奈川県川崎市
本名   山下裕子(ゆうこ)
愛称   ゆう
身長   167cm
血液型  B 

真飛 聖(まとぶ せい )名前の由来は?

真飛 聖さんのお母さんが読んでいた本の題名から。
「マートブ!・・自由を求めて550日」の主人公の名前。
響きが素敵だったからだそうです。

宝塚歌劇に入ったきっかけは?

中学3年のときに『ベルサイユのばら』(月組、涼風真世主演)を観て
宝塚にはまった友だちから 宝塚の月刊誌『歌劇』を見せられたこと。
3歳からバレエを習っていて
身長が高くなりすぎたと悩んでいたこともあるそうです。
1993年、2度目の挑戦で宝塚音楽学校に入学しました。

スポンサードリンク

宝塚歌劇団時代

1995年 宝塚歌劇団初舞台。
2002年 星組 初主演作は「ヴィンターガルテン」
2005年 花組へ組替え (トップは春野寿美礼)
2007年 花組トップ就任。
2011年4月 宝塚歌劇団卒業。「愛のプレリュード」

宝塚退団後のテレビでの活躍

NHKの「テレビでフランス語」に生徒役で出演
ネスカフェエクセラのCMに出演
WOWWOWドラマ「トクソウ」に出演
様々なドラマに出演後
相棒では成宮寛貴の恋人役でCA役。
ぴったりの役柄ですし すっかり美しい女性。

映画での活躍

映画初主演は「謝罪の王様」
「柘榴坂の仇討」では重要な役どころを演じた

舞台での活躍

「マイフェアレディ」に主演
「恋と音楽」SMAP稲垣吾郎と共演

ただ美しいだけでなく
役者の基礎ができているので
見ていて安心です。
変にキャピキャピいる女性が多い中
背筋をしゃんとした素敵なスターです。

スポンサードリンク

 - 未分類