気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

中島裕翔のHOPE。韓国で大ヒットドラマ「ミセン―未生―」が原作

      2016/08/29

スポンサードリンク

中島裕翔が単独初主演のドラマ「HOPE」が始まる。
中島裕翔がゴールデン帯の連続ドラマではじめての主演。
プロデューサーは渡辺恒也。
代表作は「医龍3」「救命病棟24時」「HERO」

フジテレビは最近何かと評判が悪いのですね。
ドラマも他局に差をつけられていますが
今回のドラマはヒットすると思うのです。

韓国ドラマのリメイクだと言われてますが
韓国のドラマのレベルは高いのです。
日本は安心していられないんです。
日本と違い週に2回も放送があるので
製作部も力が入っているのです。

今回の「ミセン―未生―」というタイトルですが
渡辺恒也プロデューサーの強い思いがあるそうです。

ストーリーは囲碁のプロ棋士になるという夢が敗れた若者の
生きていく姿を描いたもので
単なるジャニーズが出演するドラマではないみたいです。

「まだ“生き石”にも“死に石”にもなっていない、
これからどうにでもなれる状態」という意味。
仮タイトルは「まだ何者でもない僕たちは」だったそう。

タイトルを決めていたら熊本地震が発生した。
渡辺恒也プロデューサーは熊本市生まれで
熊本城は市民の心のよりどころだったのに
無残な姿を見た時に泣きそうになったらしいのです。

スポンサードリンク

どんな状況にある人にも 「まだ希望はあるんじゃないか」
とメッセージで届けたいとの思いが詰まったドラマ。

初回、主人公はピンチ、逆境の連続だが ただ明るく
「前向きに行こうよ」「明日から頑張ろうぜ」ではなく、
このドラマは「痛み」をしっかり描いていくそうです。

日曜の夜、明日から頑張らなくてはならない時間に
皆痛みを抱えているんだと受け止めてくれるような
ドラマはぴったりだと思うのです。

主演も「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔さん。
吉田羊さんとの大人の女性との恋も噂されましたが
「半沢直樹」で半沢直樹の部下・中西役 堂々としてましたよね。

バラエティ番組でも頭のよさ、性格のよさが表れてました。
この人は人気者になるなと誰もが感じたのではないでしょうか。

それでないと 大事なゴールデンタイムのドラマに
初めて主演するなんて大役を与えるはずがないですものね。

夢をなくして 満足な社会経験も学歴もない中、
組織の一員として認められたいと、
必死に仕事と向き合う若者のドラマ。

私は本気で応援したいと思っているのです。
いい役者さんになってほしいと期待しながら。

スポンサードリンク

 - 未分類