気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

鈴木保奈美 深夜連ドラ『ノンママ白書』で高橋克典 と過激ラブシーン

      2016/08/29

スポンサードリンク

鈴木保奈美といえば1980~1990年にかけて
社会現象ともなったトレンディードラマの女王。

49歳の鈴木保奈美が18年ぶりに連ドラ主演

8月13日スタートの『ノンママ白書』で深夜時間帯に放映される。
広告代理店勤務のアラフィフキャリアウーマンを彼女が演じます。
バツイチで子供がいないという役柄です。

実生活では今年8月14日で50歳になる鈴木保奈美。
’91年に『東京ラブストーリー』ヒロインを演じ
トレンディードラマで大活躍。
’94年にはF1解説者と結婚して3年で離婚。
とんねるず石橋貴明と’98年に再婚し、芸能界から遠ざかっていた。
子供は女の子が3人。

’08年に芸能活動を再開したが単発の出演が多かった。
連ドラ主演は『ニュースの女』(’98年)以来となる。

今回の役は広告代理店勤務のバツイチで子供がいない
キャリアウーマンという役柄。
深夜ドラマであり、バツイチで独り身の設定なので
“熟女お色気シーン”満載らしい。
相手役は高橋克典。会社の同僚で元カレという設定。

“熟女エロシーン”本人もやる気満々

鈴木保奈美は常々『女は50歳から』と言っている。
セクシーな自分をアピールしたいはず。
芸能関係者によると 視聴者を釘付けするかなり過激な内容で
大人のベッドシーンや全裸入浴シーンなどもありそうです。

スポンサードリンク

ここまでする大物女優。
衝撃の理由が噂されている。
実は石橋貴明との夫婦関係が完全に冷え込み、
離婚説まで浮上しているらしいのです。
離婚するための伏線として、
ドラマの主演を決めたのではという声もちらほら。

実は鈴木保奈美は’00年に映画『いちげんさん』で
純白のパンティー1枚になり、ヌードを披露した衝撃過去がある。
あまりにも美しく“伝説のヌード”と言われています。
50歳になっても衰えるはずがない美しいバストだったそうです。

トレンディードラマの女王の野望

「ドラマの視聴率がよければ、次は映画か写真集で
ヘアヌードを披露する可能性が十分ある」らしい。
芸能界の熟女戦線への参入。
女王に君臨したことがある鈴木保奈美は勝つことしか考えていない。

書いていてざわざわしてきた。
むかし「東京ラブストーリー」というドラマで
当時の彼がどうしようもなく鈴木保奈美というか
リカという主人公にはまってしまって
ドラマの主人公相手にものすごく嫉妬したのを思い出した。

絶世の美女じゃないし、何がみんなをひきつけるのかわからなかった。
見る人にどうしようもない劣等感を感じさせる女優で
嫌いだったけど、今はこの人の行き方がカッコイイと思う。
何かが違うのだこの人。
ドラマはあまり見ないけど多分私は見てしまう。

スポンサードリンク

 - 未分類