気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

篠田麻里子は『AKB48』を卒業したのではなく実際はクビだった。

      2016/08/29

スポンサードリンク

篠田麻里子は『AKB48』では“神7”と呼ばれたメンバーの一人だった。
惜しまれての卒業だと思われていたが、
実際にはクビ同然でグループから出されたらしい。
あるスポーツ記者は 「篠田麻里子は有力者に取り入るのはうまいが
口が軽く浅はかな面があり 策士としてはとても下手だった」と言う。

確かにAKBの運営サイドの窪田康志氏や、
運営会社の前社長との関係は噂になっていた。
総合プロデューサーの秋元康氏からも信頼されていた。

上層部との付き合いの中で機密事項があり、賢い女性は絶対に秘密を守るが
周囲に漏らしてしまい権力のある人たちの信頼を失ってしまったらしい。

女の子の集団で自分だけが知っている情報があるというのは
確かに自尊心をくすぐられると思うが
そこをもう少し上手に振舞っていれば
独立後も仕事を回してもらえたのにと思う。

スポンサードリンク

魅力的な人だったのに残念。
そして最近少し太ってしまったような気がする。

窪田康志氏が出資して篠田麻里子のブランド『ricori』を
持たせてもらったのに2年で営業を停止している。
後輩によると値段が高い割には品質やデザインが
あまりパッとしなかったらしい。

現在は芸能事務所『サムデイ』に引き続き所属している。
藤原紀香が所属している力のある事務所だけど
AKBをクビ同然で卒業したというイメージはぬぐえず
『サムデイ』の後押しがあまり感じられない状態。

現在はレギュラー出演番組はなし。
映画『テラフォーマーズ』では唯一の大役だったが、
あまり話題にはならなかった。
演技力をつけてドラマなど彼女なら狙えると思う。

華々しく卒業したらそのあとが難しい。
あっさりして爽やかで 嫌いなタイプではないので
もう一度活躍して欲しいと思う。

スポンサードリンク

 - 未分類