気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

雨宮塔子 嫌いになった。共同親権で元夫に子供を育てさせてまで日本で仕事。

      2016/08/29

スポンサードリンク

雨宮塔子といえばTBSの看板女子アナ。
知的で綺麗で女らしくて大好きだった。
93年にTBSへ入社してからは『どうぶつ奇想天外』や
『チューボーですよ!』などの 人気番組を担当し、
年末の『レコード大賞』の司会も務める押しも押されもしない女子アナになった。
しかし人気絶頂の99年にTBSを退社して、突然、パリへ留学。
パリで知り合った人気パティシエの青木定治氏と02年に結婚し、
03年には長女、05年には長男が誕生した。

自分を大切に眩しいくらいの輝きで世界に羽ばたいていく雨宮塔子さん
大好きでした。

フリーアナウンサーの雨宮塔子が7月下旬から
『NEWS23』のキャスターを 務めることがわかった。
99年にTBSを退社して以来 17年ぶりのキャスターでの復活とあって、
注目されている。

スポンサードリンク

いくら渇望されたからといって 
可愛い盛りの自分の子供の成長を見たくないのだろうか。
父親に託しても育てるのは その奥さんであって
ちゃんと子供に愛情を注いでくれるだろうか。
日本人の感覚ではとても理解しがたい。

やはり青木氏の奥さんは怒っていた。
「2人の子供を押しつけといて、
自分は帰国するなんてあまりに身勝手。
私はベビーシッターじゃない!」

青木氏は雨宮塔子さんと離婚したあと直ぐに30代の女性と再婚。
今回 急に子供を青木氏が引き取ることになった。
現在、雨宮さんにも事実婚状態のパートナーがいて、
今回は彼はフランスに残っています。
にもかかわらず青木氏とその妻が子供を引き取る・・・

子供が邪魔にされてなければいいのですが

更に青木氏の奥さんは こう言っています。
私は経済的な理由で子供を諦めた。
せめて新婚生活を楽しもうと思ったら
急に難しい年頃の2人の子供の母にならなければならない。

本当に子供が邪魔にされてなければいいのですが・・・

スポンサードリンク

 - 未分類