気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

乙武洋匡氏が仁美夫人と別居中。政治家への道をもう一度目指して欲しい。

      2016/08/29

スポンサードリンク

乙武洋匡氏が仁美夫人と別居中で 子供ともなかなか会えずに
傷心の日々を送っているそうです。
身の回りのお世話はスタッフや母親がされていると思います。

乙武洋匡氏の不倫のスキャンダルを週刊誌が暴露しなかったら
あの夫婦は危ういバランスであの二人だけが作ったルールで
未来を描けていたのではと思います。

子供が出来て恋愛とは違う形の関係になり、
女性は母になった途端に 父親になることを男性に求めます。
健常者は戸惑いながらも何とかその路線を歩けるのですが、
乙武洋匡氏はハンディがある。
それを承知での結婚でしょうと私は妻を責めたい気持ちでいっぱいです。
もちろんひどいとは思うのですが母の気持ちになってしまったら
こんな前向きに太陽のように歩いていた息子を
ここで子供だけ自分のものにして放り出すの?と思ってしまう。

ヘルパーを雇ってでもいいし、母親が世話をしてもいいから
もう一度乙武洋匡氏に心から愛し合う人が出来るまで 
傍にいろとは言わないけれど 傷ついてめちゃくちゃになった気持ちを
もう一度未来の事が考えられるくらいまでには戻してあげて欲しいです。

スポンサードリンク

でも世間は不倫をした人に対してはとても厳しいですよね。
私が乙武洋匡氏の奥さんの立場だったら許せないとも思うでしょうし・・
まず、私はどんなに相手が好きでも自分の負担を考えて結婚しなかったと思います。

だから奥さんは今まで乙武洋匡氏さんを支えて、
世間を騒がしたと自分も一緒に謝罪して、
もう一度家庭を作り直そうと取り組んだ勇気ある人なのです。

今は乙武洋匡氏が気落ちしてしまって
政治家になる夢どころか生きていく前向きな気持ちが持てなくなっているとしたら
なんとしても辛いです。

親はいつまでも若くなく、乙武洋匡氏の世話にも限界があります。
まだ日本は身体障害者に対して真から優しい国だとは思えない。
形だけの社会保障でなく、ハンディを抱えた人たちでも
自分の希望を実現しようとチャレンジできる環境づくりは
日本は大きく遅れていると思う。

そこを推進させるためにも 乙武洋匡氏はもう一度
政治家を目指して欲しいと思っています。

スポンサードリンク

 - 未分類