気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

クマから人の体の一部が見つかる。地元は危険だともっと警告すべき。

      2016/08/29

スポンサードリンク

秋田県鹿角市の山林で 5月下旬から 
タケノコ取りをしていた老人が襲われて亡くなっている。

タケノコ取りは昔から行われてたのだろうか。
テレビで家にいても何もすることがないから
山に行ってタケノコを採るといいお金になるからとお年寄りが言っていた。
安全な土地なら空気はいいし、健康によくてお金にもなるなら万々歳なのですが
クマが出て被害者が出てもまだ山に入り続けるのでびっくりします。

昔と今では里山の状況も違ってきてクマにとっても
気候の影響で食べものは無くなるし 開発が進んで自分達の生息する場所と
人間が入り込んでくる境界がほとんど無くなってきたと嘆いているに違いない。

地元の役場などが絶対危険だと山に入れないようにすべきだと思います。
銃に撃たれた哀れなクマの姿を見たときは被害に遭われた方には申し訳ないけど
とてもかわいそうで見るのが辛かったです。

スポンサードリンク

クマに襲われて死亡した被害が4件相次ぎ、
現場近くで駆除されたクマ1頭を解体して詳しく調べた結果、
人の体の一部が見つかったので そのクマが人を食べる習慣が付いたのかもしれません。

でも人を襲って食べてしまったとなると
放っておくわけには行かず射殺というか駆除というか・・・
あのクマは体長約1メートル30センチの メスのツキノワグマでした。

死んだクマが運ばれていくのは うちの犬に似ていてとても見ていられなかった。

被害に遭われた人の家族はなおさら辛いので
秋田県などは、現場付近にはほかにも複数のクマが生息しているかもしれず、
引き続き周辺の山には入らないよう呼びかけているらしいです。
看板を大きくするとか県民にもっともっと注意するとか・・・・

山菜など採るにふさわしい場所を 指定するとか 立ち入り禁止にするとか
気をつけてあげてほしいと思う。
せっかくお元気で健康な方の最後があまりにも辛いと思いました。

スポンサードリンク

 - 未分類