気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

JTBの個人情報流出はパソコンを遠隔操作するウィルス「PlugX」か?

      2016/08/29

スポンサードリンク

JTBの大量の個人情報が外部に流出した件は 関係者が調べたところ
パソコンを遠隔から操作できるウィルス「PlugX」に感染したことがわかった。
JTBは14日の会見を開き、JTBグループ会社で顧客管理をする会社の
サーバーがメールによるサイバー攻撃を受けていたことを発表した。

「PlugX」は パソコンを遠隔で操作できるようにする
コンピューター ウイルスで政府機関や大手企業など
特定の組織を標的にしてサイバー攻撃を行うウィルスで
4年前くらいから感染が出始めている。

感染させるとサーバーやパソコンにある情報を抜き取ることが出来るそうです。
JTBは先月末から被害があったことを警視庁に相談して
ウィルスを分析してもらっていたようです。

5月末から解っていたはずなのに 世間に公表するのは大幅に遅れている。
いつも企業は都合の悪いことは最後の最後に発表する。

個人の情報が流出もとんでもなく迷惑がかかるけど
今回はパスポート情報まで流れているとしたら国際的な犯罪に使われるおそれがある。

本当に怖い。

スポンサードリンク

いつものように役割担当の役員が壇上に並んで
今のところ大きな被害の報告はないとか苦し紛れの言い訳と
形だけの形式上のお詫びを繰り返していて怒りが収まらない。

目に見える被害が出ていないから大丈夫的な言い方は止めていただきたい。
被害が出ていたら大きな大事だ。大きな社会問題に発展する。
コンピュータは便利であるけどネットワークを組んだら
絶対的な不安はついてまわる。当たり前。

利潤追求のあまり 末端で会社を支えている人間を大切にしない風潮と
こういうことは無関係ではない気がする。
大きな企業はそれなりの責任は意識しているとは思いますが・・・

人材育成とセキュリティに関する意識と働く人の環境を快適にすることに
もっともっと神経質を使ってほしいと思う。

本当に被害が出なければいい。
小さな旅行会社でもJTBが管理している旅行もあり
自分の情報なんて取るに足らないだろうけれど
資産を持っている人は気が気ではないと思う。

社会から信用されて支持されて生まれるのが本当の利益で
不自然に労働者から搾り取ったり 顧客から見せかけの安心で
抜き取るのが利益ではないと思う。

スポンサードリンク

 - 未分類