気になるブログ

情報が一杯溢れている現代。気になる言葉は徹底的に調べてみたい。

*

佐々木義三弁護士は舛添要一都知事が依頼した本当に厳しい目の「第三者」?

      2016/08/29

スポンサードリンク

佐々木義三弁護士が舛添要一都知事から依頼を受け
「公私混同」と指摘を受けた政治資金の支出を
第三者の弁護士によって調査した結果を公表した。

政治資金の使い道に法律上の制限がないため
違法性は問えない「予想通り」の結果となった。
美術品購入や宿泊、飲食費の一部支出などで不適切さは指摘したけど
違法性がなければこれ以上追及できないの?

大体この佐々木義三弁護士が本当に厳しい目で判断しているの?
そんなはずがないでしょう。
厳しく追及されないから舛添氏が多くの弁護士の中から
佐々木義三弁護士を指定したんだろうと思います。

舛添さん返金すれば終わりなの?

家族との食事やシルクの中国服やクレヨンしんちゃん、
子どもの下着 なんでこんなもの自分のお金で払わないの?

いろいろネットで安いもの探す暇がどこにあるのだろう。
自分で違法ではないから私は罪を犯していないから正しいと
はっきり言えばいいじゃないですか。

はっきりと違法でないと言ってくれる佐々木義三弁護士など探してくる・・・
絶対にヒアリングなどしない。ただ違法ではないと繰り返してくれるそんな弁護士。
本当にこれで逃げられると思っていたんでしょうか。
見え透いたやり方で私たちの目をごまかせるわけないんです。

法律だけで生きてきたのかもしれないけど
とても優秀な人でも俗社会の一般ピープルの感覚が理解できないと
犯罪などに対する判断力が鈍るかもしれないからと
陪審員制度が導入されたのではないの?

私はもう感情的にとっても舛添氏が許せない。
東京都民ならもっと許せないでしょう。

スポンサードリンク

この佐々木善三弁護士ってどんな人?

1975年  中央大学法学部卒業
1976年  司法試験合格
1979年  検事任官(東京地検検事)
        その後,東京地検・大阪地検の各特別捜査部に合計9年間勤務
2000年  東京地検特別捜査部副部長
2002年  法務省大臣官房施設課長
2004年  東京地検交通部長・公安部長
2005年  横浜地検次席検事
2006年  和歌山地検検事正
2008年  最高検察庁検事
        水戸地検検事正
2010年  仙台地検検事正
2011年  京都地検検事正
2012年  検事退官
2013年  弁護士登録
        晴海協和法律事務所

現在は晴海協和法律事務所で勤務しています。
司法試験に合格後は東京地検検事に任官し、
2000年から東京地検特別捜査部で副部長を務めたエリート検事でした。

検事時代は東京地検特捜部で政界汚職や経済事件を捜査し、
執拗に狙った獲物を捜査する姿から「マムシの善三」との異名で呼ばれていたそうです。

舛添氏と佐々木善三弁護士は知り合いか?

舛添要一知事は第三者委員の選定にあたって多くの弁護士に声をかけたが
誰も引き受けてくれなかったと言っていました。
舛添氏と佐々木善三弁護士との間に特別な関係はなかったにしろ
決して詳しく調べずに違法性がない点をはっきり言ってくれる弁護士という探し方をしたのだと思います。

もう1名の森本哲也弁護士は佐々木善三弁護士が所属する晴海協和法律事務所の同僚弁護士で、
舛添氏から依頼を受けた佐々木善三弁護士が声をかけたと会見で述べていましたので、
佐々木氏と同様に舛添氏との関係性はなかったものと考えられます。

もういい加減にしてほしいです。
ニュースを見るのがとてもみみっちくて恥ずかしくて嫌なんです。
田中康夫さんか橋下徹さんかお金に汚くない人に早くバトンタッチしてほしい。

スポンサードリンク

 - 未分類